快適に過ごすための知恵をご紹介しています

長持ちさせる方法、簡単に出来るアフターケアの方法、日常の困り事の解決法

かつらは高品質なオーダーメイドが一番

快適なカツラ・増毛製品の知恵袋 | Chiebukuro |
HOME快適なカツラ・増毛製品の知恵袋
出来あがったカツラスタイルが注文時のスタイルと違いすぎる?

◎現状を解決する場合  □次回のカツラのオーダーの参考に

◎よくあるケースです。
特に通販カツラは安いだけに、この場合は作り替えが無理でしょうが、修整による増毛、又はプロ技術店にお願いして、コールド処理・増毛・カット等でカバーしてもらう。
ベースの型替、大きさの変更は無理だと思います。

□高額で作られた店、又は大手等の店の場合は、「好みのスタイルに出来なかった」と好みのスタイルに直すことを要求する。
ベースのデザイン・大きさ・素材を替えなくてはスタイルが出来ない場合は、作り替えを強く要求されることです。
それでも充分な利益があるからです。

頭髪サイド、バックの自毛とカツラの毛の境界部分(クロスする部分)に段差が出来てしまっている?

◎現状を解決する場合  □次回のカツラのオーダーの参考に

◎ロングスタイルの場合はそのようなことは起こり難いのですが短めのスタイルが好みの方のクロス部分は、かなりの経験者でも難しい技術で、筆先のような徐々に毛量を減らすカットをするか、自毛部分を梳きバサミによる毛量の調整、それでも無理な場合は、長毛の増毛後の再修整カットで。

□特に自毛を刈り上げ、短いカットを好む方の男性カツラは、上記説明のように大変難しいので、技術実績店を選ぶことです。この技術は、美容・理容・ファッション感覚とは違ツラ業界での一流技術者か、二流三流技術者かの判断を基準にしているくらいです。

カツラのシャンプー後の軽快で自然なスタイルが4~5日位で湿気を含んだ髪のようになりボッテリしてしまう?

◎現状を解決する場合  □次回のカツラのオーダーの参考に

◎使用しているカツラ毛は人毛の場合に多く見受けられます、人毛の場合は湿気、汗などを吸収しやすい為どうしても夏場などはベッタリしてしまいます。
 *1番簡単な方法は、3~4日ごとにシャンプーをして、夜は取り外し、通気性の良いカツラセット台に置き、夜間に湿気を乾燥させておく。
 *2台お持ちの方は、日替わりで使用することにより、湿気が気化して軽くなり、フンワリ感が出ます。
 *カツラベースの植毛率(毛量)が多ければ、根元近くに梳きを入れ短毛を作り、表面の髪を支えるカットをする。
 髪はある程度短くすることにより張りが出る性質を利用する。
 他にコールド処理により毛髪に張りを持たせるのも良いと思います。

□どうしても人毛を指定の場合は、梳き毛を前提にやや多めの毛量にして、梳きバサミ・カミソリなどで充分に梳いて短毛・中間毛を作り、髪に張りを持たせる。
又、湿気の吸収率を妨げない程度に、軽いウェーブの付いた形状記憶毛髪(ポリエステル)を30~40%を入れることにより、ツブレを防ぎ、張りのあるナチュナルなスタイルを持続とが出来るようになります
 *当店では「総て形状記憶毛髪、又は人毛+形状記憶毛髪のブレンド毛」の方が約7割、「総て人毛の方」が3割の割合です、形状記憶毛髪を入れることによりシャンプーの回数もて済み、セットの時間も短縮され、毎日のお手入れが大変楽になります。
 *形状記憶毛髪(ポリエステル毛)は湿気を吸収しにくく、髪に張りがあり、太陽光線による色焼けも少なく、形状が崩れにくい高温耐熱の化学毛髪です。

カツラのベースネットが粗すぎてカツラ毛の間からネット、頭皮が見えてしまう(編込みカツラに多い)?

◎現状を解決する場合  □次回のカツラのオーダーの参考に

◎割れやすい毛髪部分にはコールド処理を行うことにより「カラミ」を持たせ、ある程度、割れを防ぐことが出来ます。
 *ネット目が粗い為に植毛の並植え(寝た植え方)立植え(立った植え方)の使い方、また方向性が悪いと、多く植えても部分的に割れやすく、確かな方向に少量の毛髪を植えるも、かなり直る場合があります。
 *かなり大きく割れやすい場合はネット部分の下に植毛ネットを張り植毛する、かなりの毛量が必要な場合は工場に出すのでスペアーが必要です。

□ネットは中間ネットでも、通気性は粗ネットと、ほとんど変わりません、毛量の増減もしやすく立植えも、並植えとのバランスの有る植毛が出来、理想的な仕上がりになることます、但しネット越しに指を入れてシャンプーをしたり頭皮をかいたりはできません。

(男性用)全カツラ、医療用全頭、おしゃれ用ウィツク等を、ご使用の方に

◎現状を解決する場合  □次回のカツラのオーダーの参考に

1番に多い困り事は、後頭部の首に接触するカツラ毛が、頭を前後するたびにカツラ毛が皮膚から離れ、サイドから見てもかなりの開きが出ておかしい、と他人てしまった。

◎特に裾回りに髪の無い方の場合は、ほとんどの方が困っておられます。
 *皮膚に接する部分の髪のウェーブが強い場合はウェーブを弱めてもらってください。
 次にカツラのベースを裏返して首の皮膚部分に接する髪の部分にカツラ接着テープを首の幅分の長さ、平均12㎝位、縦1cm位に切り最裾部より2cm前後に横広に貼ります。
 カツラを正常の状態に戻し、正位置に装着しテープの上面を剥し皮膚部分に圧着します。この方法でほとんど解決されると思います。
 *裾周りに髪があっても、カツラ毛が浮き上がる場合はベース型取りがあまかったり、ゆるくダブリが在る為です。耳上部ベースの右左の2ヶ所を糸で絞める、カツラ用接着ピンもてください。

□全カツラの型取りは、かなりの経験技術者でも難しく実績の有る技術者に完璧な型取りをして貰うこと、ゴムを使用することを奨めるお店は型取りに不安のある店と思ってくだ後頭最下部の毛量は全体的毛量に比べ30%位多く指定した方が良いかと思います。(男性カツラの実績店を選んでください)

カツラの分け目、つむじ部分の人工皮膚がベース裏から見て、ひび割れしそうで割れてきた?

◎現状を解決する場合  □次回のカツラのオーダーの参考に

◎カツラ用の人口皮膚は、1番多くはウレタン系素材が使われておりますので、カツラ使用中の汗・老廃物などの排泌物により使用期間2年以降から劣化し始め、特に頭皮温度の高汗を多くかく方などは劣化が早いようです。
ひび割れを見つける方法は、カツラの表側に照明灯をベース裏側よりにかざして見ると、少しのひび割れも発見出来ます。
 *ベース裏側より人工皮膚部分(間にネットがある場合でも)に風呂や流し台の水止め防止剤のシリコーン補修剤(ホームセンター等でチューブに入った物で500円位)を塗り乾か(10時間ほどで固まります)。
 これにより1年近くは割れの防止になると思います
 ●この作業を行った場合は後の皮膚の交換修理は出来ませんので、ご注意を。

□当店では、やや見栄えは悪くなってもカツラを長持ちするタイプをご希望の方には、ネット以外のベースは、布素材を使い人口皮膚部分は極細ネットを使用することにより3年位は使用出来ます。

S社の編み込みのカツラを使用しているが、頭皮のシャンプーが満足に出来ず頭皮が痛がゆいので困っている?

◎現状を解決する場合  □次回のカツラのオーダーの参考に

◎カツラに頭髪を、くくり付1ヶ月位は、外す必要がなくハードなスポーツも出来、毎日の手入れが楽そうに思われる装着法ですが、ご自分では取り外しが出来ず毎日のシャンプかつらベースと頭皮の間に指をいれて洗う事が満足に出来ず又、就眠時のカツラの動きが頭髪の引きつりを起こし毛根にダメージを与え、頭皮が痛がゆく脱毛の原因になります。ども我慢が出来ない場合は他のカツラ専門店でカツラ専門のピンに替えることをお奨めします。 ※S社のオーダー価格は50万円前後と思います

□男性カツラの場合はハードなスポーツにも取れない接着方法のベースと毎日の取り外しが簡単なベースを考え・・・・
ベースの接着面を周辺部全体に張り、どこの位置にもカツラ用テープ、接着剤が使用出来るベースに、勿論かつら用接着ピンも付けられ真夏のマリーンスポーツに対応出来る一時くくり付けの接着も可能なベース構造のカツラをお作りしております。
当製品のノウムのオーダー価格は17万円~20万円です。

オーダーメイド男性カツラの困りごと、問題点、ほか諸々

◎現状を解決する場合  □次回のカツラのオーダーの参考に

◎当店にお見えの御新規(かつら使用中)の御客様で問題点の多かった順から列記します

1.短期間の使用でベースネット全体に、植毛のかつら毛の脱毛が非常に多く、使用するには無理な状態である。

*植毛時点でタブル植毛(2回結び)をシングル植毛(1回結び)で植えたので、抜け易く脱毛の原因と思います。シングル植毛は手間けるので、植毛職人の手抜きによるもの、シングル植毛は見栄え重視の部分だけに使うものです、これは作り直しの対象です。

2.カツラベースのアールが強すぎ、頭頂部との間に誤差が出来てしまい、カツラ上部が膨らみ、上から押すとプカプカしている。逆にアールが弱すぎ、回りが浮いてしまっている。どちらにしてもテープで押さえ付けてもテープが取れ易くベースが浮いてしまう。

*型取りが完璧でなかったか、工場の型おこしが悪かったかで作り直しの対象です。

3.カツラ先端部ベースが反り返り、額とカツラとのあいだに隙間が出来、無理に両面テープで押さえ付けている。特にA社のリースカツラに多い。装着浮いていたと言う御客様も。

*使用期間が2年近くなるとベース素材(ウレタン)の劣化により多少の変化が起きてきますが、初めから浮いている場合は作り直しのす。

4.部分カツラの自髪とのクロス部分のかつら毛が、ぼってりカットで馴染んでいない。中には短すぎで最悪のカットもありました。

*ぼってりカットは梳くカットで直すことは出来ますが、初めから短い場合は作り直しの対象です。作った店の技術が未熟なのでは!

5.全カツラのベースが極端に縮まり小さくなってしまい頭にピッタリ付かず、ずり落ちやすく周辺部の髪も小さくなった分、短くなってしまっている。

*全カツラのベースネットの選別により伸縮ネットを使用すると短期間は非常に密着性が良いが、半年~1年位するとネットが伸びたりりしてしまいます。経験によるネットの選別と型取りが肝心です。

6.熱に強い髪と言うことで作ったが、ドライヤー・サウナ等でウェーブが伸びてしまった。

*熱に強い(ポリエステル)のかつら毛を使わずに熱に弱い安い(カネカロン)を使用したため起きたことです。熱に強い製品は価格が20%~30%高額ですので返金か、作り換えを要求をされることです。

◎当店(ノウム)でも海外での製作、また職人の感性により、時たま注文したように出来てないこともあります。全て手作りの為、製品の均一化は難しく当方の完璧な型紙と精細書には万全を期しておりますが、出来てきた製品に不備があった場合は、御客様には納期が遅れて申し訳ありませんが作り直しさせて頂いております。