お客様からの喜びの声と感想|その1

男性かつらの価格破壊の元祖ノウムに寄せられたお客様の声|その1

かつらは高品質なオーダーメイドが一番

お客様の声 | VOICE |
HOMEお客様の声その1

12345お客様の声トップ

T様・60代・神奈川在住(使用歴30年)

ホームページを見てチェックしていた店に4店に相談に行き、以前に嫌な思いをしたことがあったので、今回は慎重に店選びをしました。
長年かつらを使っているので、ある大手で「価格が高いが最高の製品を作ります」と言うので46万円で契約し、出来てきたカツラが担当者の言っていた出来映えとは、かなり違いクレームを言ったが、通らず強引に買わされた経験があったからです。
ノウムさんを選んだのは担当の中山さんの長年の経験からの技術談とサンプルのかつらを見て、この店に決めました。1台が良ければ、もう1台を買うと言う事で2台で25万の約束で契約しました。1台が出来、今までのかつらより頭にピッタリしていて自分の白髪とのなじみも自然で良かったので、もう1台もお願いしました。2台共に良く出来、今までと比べ同じ物が大変に安く作る事ができました。2台で大切に使えば5年は持つとのこと、大事に使います。

(T様 作製商品 最強2000 部分かつら オーダーメイド)
形状記憶毛髪100% 白髪40% ネット角2mmスイスネット使用 周囲スキンベース使用 接着は両面テープ使用
ご要望はある程度長持ちするタイプとのことで、お作りしました。自然分髪で毛量を少なめでフロント、パートは、軽いラフスタイルにまとめました。サイドの白髪に濃淡にむらが有りカツラの周辺部の白髪の割合にやや気を使いました。現在使用の他社製品の毛先がちりつき、手入れ方法が間違っていたようで、毛先修整を行い手入れ方法をお教えし、当店にはカツラのアフターケアには、少なくても半年に1度のご来店をお願い致しました。

T様・60代・神奈川在住(使用歴30年)

以前は大手A社の全カツラを使用していました。その当時は、かつら屋さんが少なく高額な値段でも、しょうがなくローンで3台位作ったと思います。
ノウムさんを知ったのは15~6年前で、以前の店名の王朝ヘアーの新聞広告で知り、何台かを作り、低価格でもかつらの自然さ使用感、ノウムさんの技術に満足して現在に至ってます。
今回は、まだ使える製品が有りましたが、全カツラは頭全体にかぶるので夏場は普段に比べ大変な思いをしているので、今回の注文は、通気性を良くするために毛量を少なく、頭皮が見えない程度の荒目のネットで出来れば作ると言う事で、夏専用のタイプを作ってもらいました。
通気性は以前の製品に比べて、中で汗をかくのが、ほとんど無くなり太陽の直射時には、かえって涼しく感じます。ただネットの目が荒いのでセット時はやや注意してますが、あとは大変満足しています。
今回も何台も作ってますので良い製品を格安で作ってもらい、これからも宜しく益々、良い製品を作り頑張ってください。

(N様 作製商品 オーダーメイド 全かつら)
人毛40% 形状記憶毛髪60%のミックス 通気性を重点に8mm角ネット使用で見えやすい天頂部周辺は人口皮膚の代用を通気性の有るミクロネットを使用、汗で髪型が、べたついて髪が割れネットが見えてしまうことがないように、張りのある形状毛髪を入れました。
また全カツラの最大の欠点の後頭部のかつら毛の割れ、浮きを防ぐために、くびに掛かる部分は100%の人毛を使用し割れを防ぎ、もみあげ部分の浮きも高熱加工により浮き上がりのないシルエットを作ります。それにより全体に自然で使用感の良い製品が出来たと思います。(ノウムの全頭は完璧な型取りに自信が有りますのでゴムは使用致しません)

T様・40代 地方都市在住(使用歴15年)

私はプロダンサーですが、ノウムさんを知るまでは、地元の、いくつかのかつら店で作ってきましたが、どうも毎回しっくりいかず悩んでいる時に、ダンスビューの月間誌で知り、ノウムさんのプロヘア中山さんを知り現在に至ってます。
今回も私のうるさい注文を受けていただき、ベストなカツラが出来ました。同じプロ意識でうるさいことも言いますが、波長が合うようで、気兼ねなく寄らせてもらってます。
私事ですが職業がら見栄えを常時意識し大会でも全体のシルエットも重要な部分なのです。 そのような訳で中山さんには永くノウムさんに続けてもらいたいと思っております。

(T様 作製商品 オーダーメイド 部分かつら)
インド人毛100%使用・1.5mmスイス黒ネット・ 薄いウレタン接着面・ 両面テープ使用
生え際に最近は髪が少なくなり、自髪の生え際を出すのが、やや難しくなってきたが、ご自分でのセットがお上手なので当方も助かっております。
毛量の薄いインド毛を使用で、軽いコールド処理でフロントを軽く突き出しサイドの自髪をセンターに上げ気味に、オールバックにもっていくスタイルです。 今回は従来の作りですが、次回はフロントに極薄スキン使用のバックを検討しましようと、お話し致しました。
毎度難しいカツラなので無事に終わると、ほっとし、T様のお帰り時の、かっこうの良さに私も、うっとりの大満足です。

12345お客様の声トップ