長期にわたり使用するものですからお店選びは重要

分け目やつむじが不自然だったり、年齢よりも黒々とした髪色だったりと初めてのカツラに失敗はつきもの。

かつらは高品質なオーダーメイドが一番

かつら店の選択基準
HOMEかつら店の選択基準

カツラ屋さんの選別①(通販専門のカツラ屋)

悪い点

①実際に手を取って見ることが出来ず、頭に乗せて装着時の感覚も判らない
②技術者と対面的コンサルティングが出来ない
③ご自身でデザイン型取りをしなくてはならず満足な型取り、
   又最終のカットも不十分である(これが1番のネックです)


良い点

①店に行かずに済むのでプライバシーが保てる
②遠方からの注文が出来、交通費等も必要ない
③料金が割安価格で出来る




カツラ屋さんの選別②(大手2社)

悪い点

①営業(コンサルタント)と技術者が違う為、約束が異なることがある(出来上がりのスタイル等)
②金額が高く(小型車)並の価格、又営業マン、各支店により価格がかなり違う
③技術者のレベルに違いがありすぎる。アフターにおいても技術者が変わる為、いつも同じ技術をしてもらえない。


良い点

①日本全国に支店があるので、出張移転しても対応出来る
②店舗にお金を掛けているので雰囲気等にクオリティが高い
③クレジット等に審査が通りやすい
④新製品等の報道力が早い
⑤技術者の中にとび抜けて高技術者が居る場合もある




カツラ屋さんの選別③(中小のカツラ屋さん)

悪い点

①移転、出張等の場合、支店網がないので不便である
②人間関係が深めやすくきらう方もおられる
③最新の技術、スタイル、素材等に伸展性のない自己満足の技術者がいることがある(押し付けの技術をする)


良い点

①大手価格の30%位の価格で出来る
②相談から装着、アフターケアまで同一技術者が担当しますので安心してまかせられる
③平均的に大手技術者より数をこなしているので技術に応用性があり、親しみが持てる(個別店において著名人のファンも多い)




初めてカツラを作る人の失敗事又はカツラ作成の失敗例

①頭髪サイド・カツラと自毛との境界に「段差」ができている
②湿気を含んだ髪のようなボテッとしてナチュラル感がない
③ネットが粗すぎて上から見て髪の毛の間からネットが見える(編込みのカツラに多い)
④分目・つむじがハッキリしすぎ、自毛のようにフワットしたやわらかさがなく不自然
⑤頭髪が見た目の年齢に比較して黒々としすぎている。顔年齢との不整合
⑥髪の毛のヴォリュームがありすぎる。顔年齢との不整合
⑦頭髪サイドの毛の流れがあまりにも整然とまっすぐ流れすぎている(自然さがない)
⑧分け目下の人工皮膚を通して自毛が見える
⑨「いかにも」というものはつくりたくない(まだ禿げたままのほうがよい)
⑩「あっ!やってるわい」と見えるのは嫌だ
⑪装着方に問題があり、激しいスポーツ、水泳等出来ない(装着方を変えることにより可)
⑫触られて判ってしまうのではないか