は行~わ行のカツラ関連用語の解説ページです

バルクヘアー、ピーリング現象、ピン、部分かつら、ベース、ベーステープ、保護剤の用語について

かつらは高品質なオーダーメイドが一番

かつら関連用語集 「は行、ま行、や行、ら行、わ行」 | Yougoshu |
HOMEかつら関連用語集 「は行、ま行、や行、ら行、わ行」

■は行

バルクヘアー

かつら毛として薬品処理によりキューティクルを取り除いた人毛で1番使われている。

ピーリング現象

化学毛髪の毛先の、ちぢれが起きる現象で床ずれ、衣服、ブラッシングなどの摩擦等によることが原因で、予防対策として毛髪表面の保護剤の使用を奨めている。

ピン

ある程度、頭髪のある場合に使用するカツラ専用ピンで両面テープ、接着剤等の頭皮、頭髪に付着物が残るのと比べ利便性が有り、カツラ使用者の約60%が使われていると思われる。

部分かつら

頭髪の薄い部分のカバー、自毛を極力生かすタイプの製品です。全体に、かぶるタイプは全カツラ。

ベース

かつら毛を植えるためのベースでネット、スキン、シルク布地などが有る。
素材により快適性、自然感、耐久性も違ってくる。

ベーステープ

ベースのアール保持、補強、ピンの縫い付け下地用として、テープ素材も数種類が有る。

保護剤

化学毛髪の摩擦等による毛先の縮れを防止する為の溶剤。
毛髪表面に滑りの分子の皮膜を作り保護します。
記憶形状毛髪には必ず使用のこと。

■ま行

マイクロネット、フィルム

頭皮の透過が有る極薄素材で植毛ベースに使用、超自然な見栄えで、触られても判らない。
特に生え際には有効である。薄いだけに耐久性はない。

ミックス毛

化学毛髪と人毛をミックスして、それぞれの短所を補うために使用されている。

モノネット

ベースの基板ネットとして1番多く使用されている。ネット目が細かく通気性もあり丈夫で植毛しやすい。

■や行

■ら行

レミーヘアー

薬品処理によるキューティクルの処理を行なっていない自然な人毛で染色剤も載りやすくコードル処理もしやすく光沢も自然で、高級毛とされている。
欠点は、しばらく使用していると処理加工していないのでシャンプー時に絡みやすい。

■わ行